ビタミンは、健康的な生活をする上でなくてはならないものです。脂肪、タンパク質、糖質は三大栄養素ですが、これらのものと同じくビタミンはとても重要なものです。体の中でビタミンは三大栄養素の代謝を助ける働きをしており、ミネラルと並び微量栄養素と言われています。脂肪、タンパク質、糖質の様にエネルギーにはなりませんが、ビタミンがないと体がうまく働いていきません。そのビタミンが体で不足がちという人が多くなってきています。ビタミンは体の中で作り出すことができません。

それなので、きちんとした食事をしていないとビタミン不足は直ぐにやってきてしまうのです。ビタミンと一口に行ってもたくさんの種類があるので、ビタミンの種類を気にして摂取するよりも、解消したい症状があればそれに合わせたビタミンを多く入ったものを食べると良いと思います。風邪の時にはビタミンAやビタミンCを多く足りたいので、豚汁や茶碗蒸し、いちご、柿などを食べるようにします。疲労を解消したい時は、ビタミンB、B2、Cなどを強化したいので、豚肉、レバー、卵、サバ、いちご、緑黄色野菜などを意識して摂取するようにしたいです。また、ビタミンは食べ物から取るのが良いのですが、ビタミン剤を利用するという方法もあります。ビタミン剤を利用すると手軽にビタミンを摂取することができます。