ファスティングとは断食のことです。言葉がちがうとまったくちがうもののように感じますが、実は同じものです。ファスティングという方が、断食や絶食と聞くよりもおしゃれな感じを受けます。それなので一般的にファスティングといわれているのでしょう。ファスティングという言葉を知らなかった時には当然断食や絶食という言葉の方が理解できていました。ファスティングの目的は体重を減らすことと、よく言われているのが体にたまった毒を出すことです。毒が出るかどうか言うと実際に見ることができないので、どうなのかわかりません。気分的なものもあると思います。とにかく一食でも食べないと胃腸を休めることにつながります。

理由はよくわかりませんが、体内に毒のようなものが溜まっている可能性があります。しかし、ファスティングをすることによってそれが出ていってくれるのかは正直わからないことです。また、ファスティングをして体重を落とすということなら、どうにか理解できそうです。食べる量が減ると考えると、その分体内にためてあったエネルギーを使うことになるので、その分体重が減ることになるということは容易に想像できます。まずやってみたらいいのです。私も経験がありますが、初めて食事を半日抜く時は、お腹が空いて大変です。それを乗り越えることができたら、半日のフォスティングを続けていけると思います。