乾燥してくると過ごしやすい時期となります。夏は湿度が高くて重苦しいと毎年感じています。暑いと汗をかき、肌に皮脂の分泌も高まってくるので、化粧も崩れてくるし、夏は結構しんどい季節となります。皮脂が多く分泌してきて、ニキビの原因となるので、肌のケアは特に注意しています。涼しくなって乾燥してくるとホッとします。

しかし、冬の乾燥も肌にとっては注意が必要となってきます。特に注意を払わなくてはならないのは、乾燥肌の方です。乾燥肌の方は毛穴に詰まる皮脂の量が少なくてもニキビになってしまいます。どうしてかというと、乾燥肌は肌の水分量が少なく、肌のバリアが薄いので、乾燥したお肌が硬くなってしまって毛穴が小さく細くなっていきます。バリアが薄いために肌荒れがひどかったりします。とにかく空気が乾燥してくると肌がカサカサになりやすいのです。

乾燥からお肌を守るためには、洗顔後などにしっかりとしたケアをする必要があります。乾燥肌をケアするのには何と言っても保湿です。湿り気を与えると乾燥に対抗することができます。保湿をするにはパックが友好的です。パックをするときには、アミノ酸や糖類など細胞法の栄養に誓い成分が含まれたものが乾燥肌の緩和とニキビ対策につながります。