更年期とは良く聞きますが、更年期の時期は閉経をはさんで前後10年間のことを指します。日本人の閉経年齢は平均で50歳です。平均で50歳なので更年期が10年続くということは、45歳から55歳の方は更年期の時期ということになります。閉経が近づくと女性ホルモンの量が急激に減少します。女性ホルモンの一種であるエストロゲンというホルモンです。エストロゲンは卵巣で作られます。

子宮の発育や子宮内膜の増殖に関係のある女性ホルモンです。思春期のころにはエストロゲンが活発になり、成熟してくるとエストロゲンが安定して来るので、月経周期も規則正しくなります。更年期になってくると、子宮機能の低下でそのエストロゲンの分泌が低下してくるので、のぼせ、めまい、イライラ、ニキビなどの症状が出てきます。   また、更年期になってくると生活習慣病のリスクも高くなってきます。生活習慣病とは糖尿病、脳卒中、心臓病、脂質異常症、高血圧、肥満などをいいます。

更年期は仕事や子育てや家庭のこと、などで生活のリズムを崩したり、運動不足や睡眠不足などになりがちです。更年期障害が出てきたら、生活を見直して見るのもいいかもしれません。それによってその先の人生を健康に過ごせるかどうかに違いが出てくると思います。