生理は女性にとって生きていく上で上手に付き合っていくしかありません。整理によって女性の体調や心がかなり変化するものです。生理によって体調が変わったりするので、女性の健康に関する意識は男性よりも高いと言われています。生理の体調の変化で困ってしまうものは肌荒れやニキビです。

どうして生理前になると肌のコンディションが悪くなるのかというと、生理前のホルモンの変化がニキビや肌荒れの原因になっています。生理前になってくるとホルモンの分泌量が変わってきます。生理前には子宮の収縮を活発にして経血を体外に排出させやすくするホルモンの活発に活動します。そのホルモンが活発になると胃腸の働きが低下してしまいます。胃腸の働きが弱まると別な場所から毒素を排出しようとします。

その毒素が血液によって全身に運ばれます。その運ばれた毒素が肌荒れやニキビにつながります。生理2週間~10日前から分泌される黄体ホルモンによって肌が乾燥してきて、肌のバリヤ機能が低下してきます。その状態がニキビをできやすくしてしまうのです。生理が近づいてきたらいつもよりも睡眠をたくさん取って成長ホルモンを分泌させてホルモンバランスを整えましょう。その時期の睡眠は6~8時間くらいの時間を確保したいです。