疲れて毎日体がだるい、という方も多いと思います。睡眠を摂ることができたら、疲れなんてとれるのにという方も多いでしょう。仕事が忙しくて充分な睡眠を摂ることができないという方もたくさんいると思います。慢性的に疲れてしまうと、ちょっと普通より多く寝たくらいでは疲れは取れてくれません。疲れが体に蓄積するのも毎日少しずつ貯められたものだと思いますので、疲れを解消していく時も毎日疲れをとれることを少しずつ積み重ねて行くと段々と体に力がついてきます。疲れを取る上で食事は重要になってきます。

疲労回復に効くと言われている食事をすることで体に力をつけていきましょう。疲労物質として知られているのが、乳酸です。その乳酸を分解するのに効果液なのは、クエン酸です。クエン酸は、お酢などに含まれています。梅干しにも含まれていますので、意識して普段は食べない梅越しを食べてみるのもいいでしょう。最も手軽にとてるのは、オレンジジュースやグレープフルーツジュースです。これらのジュースはビタミンCも取ることが出来るので、ありがたいです。クエン酸と共に取りたいのが、ビタミンB。豚肉に含まれています。また、注意したいのが甘いものです。疲れた時に甘いものはブドウ糖がエネルギー源となりますが、とりすぎと効率よくエネルギーに代謝できないので疲労感が増すということもあります。