疲労回復を上手にやっていかないと、健全な生活を送ることができません。疲労を回復するには、回復するべき疲労がそのような疲労なのか知らなくてはなりません。疲労には2つのパターンがあるからです。一つはスポーツや肉体労働などから来る肉体・筋肉疲労と仕事や勉強、子育てや人間関係の悩み等によるストレスから来る精神的疲労があります。必ずしもどちらかに当てはめられることもないと思います。両方が原因ということも当然ありえます。疲れを取るには、休むことです。リラックスが必要です。仕事などで緊張状態が続いていると、交感神経が優勢な状態になっているので、リラックスして副交感神経を優勢にさせるようにします。

副交感神経を優勢にするには、温めのお風呂にゆっくりと浸かることがとても有効になってきます。その状態で睡眠状態に入ります。睡眠は誰もが考えつく疲労回復方法だとおもいます。仕事が忙しくて睡眠時間をたくさん摂ることができない方も大勢いらっしゃることだと思います。そのような時には、昼休みや通勤電車の中などで、短時間でも寝るようにしてみてください。うまく寝ることが出来ると、意外と疲労が取れてスッキリすることがあります。