食物繊維は便秘に効果的ということをよく聞きます。食物繊維にも水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり性質が異なっています。水溶性食物繊維とはその名の通り水に溶ける食物繊維です。水溶性食物繊維には代表的な効果として、便秘改善、食欲を抑える、血糖値の上昇を抑える、コレステロールの排出等があります。水溶性食物繊維が多く含まれている食品は海藻類では、寒天・ひじき・めかぶ・わかめ・もずく・昆布などがあります。果物類では、バナナ・りんご・レモン・かき・もも・いちごなど、野菜では、ゴボウ・アボカド・オクラ・モロヘイヤ・春菊が水溶性食物繊維が含まれています。一方の不溶性食物繊維は腸内環境の改善とデトックス効果が期待されています。

便秘の解消や大腸がんの予防、高脂血症の予防などメリットが沢山です。不溶性食物繊維とは水に溶けない食物繊維で、胃や腸で水分を吸収して大きく膨らみます。このことによって、便のかさ増しや腸を刺激して腸の蠕動運動を活発にして便通を促進してくれます。不溶性食物繊維を多く含んでいる食物は、いんげん豆、よもぎ、味噌、ひよこ豆、こしあん、グリーンピース、高菜漬け、おから、紫蘇、酒粕、枝豆、栗、モロヘイヤ、エリンギ、パセリ、納豆、大豆、きくらげ等があります。